ウーマン

脂肪溶解注射は大豆が成分だから安心|体に優しい施術

部分的に足を細くするには

脚を触る女性

美容整形で行われている足痩せには、ボトックス注入や脂肪吸引があります。ボトックスは筋肉の働きを抑える効果があり、筋肉が原因で太くなっている場合には最適です。脂肪吸引も部分的に細くしていくことができ、どれも無理なダイエットを行わなくても理想の足が実現できます。

Read More..

セルフアンチエイジング

医師

人は加齢により代謝のスピードが遅くなり肌や細胞の衰えが出ます。しかし、年齢に応じたアンチエイジングは可能で、食生活やスキンケア、運動や紫外線ブロックなどに配慮することで、若返りのスイッチをオンにすることが可能です。

Read More..

注射式の切らない脂肪吸引

ボディ

薬剤の安全性

薬剤を注射器で注入するだけで痩せるのが脂肪溶解注射(メソセラピー)です。脂肪溶解注射は簡単に痩せる注射として最近注目されています。脂肪溶解注射で使用する薬剤はフォスファチジルコリンといい、大豆レシチンから抽出した成分です。脂肪細胞を破壊し、体外に自然排出する働きがあります。フォスファチジルコリンはアメリカFDAの認可を受けている安全性の高い薬剤です。ただし、クリニックによっては違う薬剤を混ぜて注射をする所もあるようなので注意が必要です。また、原料が大豆レシチンなので、大豆アレルギーがある人が注入するとアレルギーが起こるリスクがあります。そのため、ほとんどのクリニックで大豆アレルギーを持っている人の治療は断っています。

簡単に出来て安い

脂肪溶解注射は60年ほど前にフランスで生まれました。注射式のダイエット法としてヨーロッパを中心にじわじわ普及し、今では世界19ヶ国以上で採用されています。日本の美容外科クリニックでも脂肪溶解注射を取り入れる所が増えています。今までは脂肪を取る美容整形といえば脂肪吸引手術が一般的でした。しかし、今は外科手術なしで脂肪を取ることができる脂肪溶解注射のほうが人気が高くなっています。脂肪溶解注射は脂肪に注射するだけなので脂肪吸引のように大きなリスクがなく、空き時間にでも治療ができます。ゆるやかに痩せていくので、体に負担がかからないのもメリットの一つです。また、料金も一回1万円以下なのでとてもお手頃です。

クリニックでキレイになる

看護師

美容外科クリニックに行くか、美容皮膚科クリニックに行くかで迷う人が多いですが、細胞レベルでの改善を望んでいる人は美容皮膚科クリニックに行った方がよいです。美容皮膚科に行くと皮膚細胞を活性化する治療が受けられるため、体の中から美しくなることができます。

Read More..